クラシノソコアゲ応援団!北河内からフォトメッセージ!

2015年に第1弾をスタートさせた「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」。第2弾は昨年11月に守口市駅で奨学金制度について訴えを行いスタートさせた。キャンペーン中盤のテーマとしては「長時間労働の是正」各組織で是正に向けたメッセージを確認していった。


連合北河内では連合大阪からの指示に沿って、北河内地域協議会と各地区の幹事会や各種イベントの中で、地域・地区を支える役員のみなさんとのメッセージ写真を撮影した。

 

「インターバル規制を導入しよう」

「もう過労死をなくそう」

「36協定に上限時間の規制を」

「残業に頼らない職場を目指そう」
 

また、地域協議会としての独自メッセージとして
 

「残業に頼らない職場を目指そう」
 

を確認した。北河内地域協議会全体でこの4つのメッセージを街頭でのアピールを含めて、地域から中央に地域で働くものの切実な思いを送っていく。