平和の尊さを実感!!沖縄平和行動!

今回平和行動in沖縄には連合河北構成組織のJP 労組 北河内東部支部から、伏谷さんと稲福さんに参加をいただきました。平和行動への参加を通じて、平和への思いを強く感じていただくことができました。

 

今回、平和行動に参加させて頂き改めて戦争の恐ろしさ、平和の尊さを実感しました。
 

沖縄県外の人達にとって沖縄戦に対する印象は原爆を投下された広島や長崎と比べ印象のうすいものであるかもしれません。

 

しかし日本で唯一地上戦が行われたこと、20数万人の尊い命を奪われたことを多くの人々に改めて伝えていかなくてはならないと強く感じました。

 

2017平和行動in沖縄に参加させていただき改めて平和の尊さをまず実感させていただきました。

戦争と言っても正直、ピンとこない世代ですし、基地問題と言っても他人事のように思っている

自分が正直恥ずかしい気持ちになりました。

 

日本では“平和ボケ”していると言われてもしょうがない昨今、あたり前の事があたり前にできる社会。しかしながら、沖縄の人々が抱えている現実問題との格差は想像以上にあるものだと痛感しました。しかし今回の平和行動に参加した以上、今後は、この現実を地域・職場・家庭に持ち帰り、それを伝えると共に、平和な社会実現の為に声をあげて行きたいと思います。

 

 

2017年6月23~24日

 

平和行動 in 沖縄

JP労組 北河内東部支部

伏谷 純司・稲福 秀紀