距離感を肌で感じることができた平和行動!

大四地区から平和行動in根室に中北製作所労働組合の市山さんと象印マホービン労働組合の秋山さんに参加を頂きました。小雨混じり集会になったようですが、北方領土は見ることができたようです。北方領土の現状や課題について研修を頂きました。

 

それぞれの所感の詳細は添付資料<pdf>を確認頂きたいと思いますが、今回の平和行動で、北方領土問題を再認識することができ、納沙布の地に立ち、島の近さ、距離感を肌で感じ、また各地元の方々の話、元島民の方の訴え、資料館での展示、説明などを受け、本当に近くて、遠い島であると感じて頂いたようです。


また、一人ひとりが考える重要性決して他人事ではなく、まず自らが課題を感じ取る重要性を理解して頂く研修になったと思います。