第7回地域委員会で補強方針確立!!

11月7日に北河内地域協議会の第7回地域委員会を開催しました。6年間事務局を担当してきた磯山事務局長が退任し、新たに田島事務局長が満場一致で選出されました。連合北河内は来年30周年を迎えます。新たな事務局体制でさらに連合運動の活性化を図っていきます。
 

地域委員会での補強方針案は全て満場一致で可決承認されました。



 

2012年から事務局を担当した磯山事務局長からはこの6年間北河内地域に集う働く仲間のみなさんのお陰で連合運動を進めることができたことに感謝の弁が述べられた。


連合が結成されて、いよいよ30周年を迎えます。『孔子曰く、“30にして立つ“』と言います。これは「自身の学問の基礎が充実したものになり、自分なりの考えをまとめることができる」ということだそうです。連合も運動論としての基礎は充実してきています。組織強化と拡大を図り、連帯の力で「働くことを軸とする安心社会の構築を目指していきます」。


北河内地域では田島事務局長を要に据えて、さらに連合運動を協力に推進していきます。各地区協議会も11月末に補強方針を確認し、30周年に向けて活動強化を図っていきます。