門真の教育支援「門真っ子」を視察

区分: 
門真の教育支援「門真っ子」を視察
門真の教育支援「門真っ子」を視察

9月16日(土)門真市民プラザにて行われた「NPO教育支援・門真っ子」の学習会の様子を視察させていただきました。

 

毎週土曜日、門真市小中学校を退職された教職員の皆さんと現役教職員のボランティアの皆さんが小学校3年生と4年生に「国語」と「算数」を指導されています。
 

 

「門真っ子」は、門真市の子どもたちの学力及び生活実態に関する調査結果の報告と提言を受け、
 

①子どもたちは、家庭や学校だけではなく、地域社会の中においても、大人から何らかの支援を必要としているのではないか。

②親たちも子育てや学習に関する助言を求めているのではないか。
 

と考えた皆さんが、子どもたちへの学習支援と親への教育相談を主とする事業を始めるため設立されたようです。
 

 

子どもたちへの学習支援は、「分かる」ことだけでなく、「自らすすんで学んでいこうとする意欲や姿勢を育てる」ことを主眼とされ、その基礎となる「国語」と「算数」の学習を通じて子どもたちが「自己学習」することを目標にされています。

 

当日は、台風が近づいている悪天候にも係わらず、多くの子どもたちが元気に勉強していました。
 

先生方の指導を拝見すると、分かりやすく、楽しい指導を工夫されていることが伝わると同時に、次代を担う子どもたちのために力を尽くしていただいていることに改めて感謝の意を表します。