連合北河内政策・政治フォーラム議員として…

区分: 
連合北河内政策・政治フォーラム議員として…
連合北河内政策・政治フォーラム議員として…
連合北河内政策・政治フォーラム議員として…

5月19日(土) 連合大阪政策・政治フォーラム第1回幹事会・研修会が開催されました。
 

私は幹事ではないのですが、政治研修会が併せて行われるということで、傍聴参加の募集があり、参加致しました。

 

山﨑連合大阪会長のごあいさつの後は、副代表幹事あいさつで、平野博文さん(国民民主党)と森山浩行(立憲民主党)さんのご挨拶がありました。
 


幹事会終了後は、政治研修会

「政治と労働運動についての当面の課題」と題して、

電機連合政治アドバイザー・前参議院議員の加藤敏幸さんの講演です。



とくに5月7日以降ということで、
 

「民進党の分裂から連合加盟構成組織において、支持政党が分かれる状況となる中で、連合として、働く者の声を代弁する政治勢力の結集、維持、拡大の重要性について」


政権交代可能な状況とは、連立しかないわけで、大切なのは「連立の大義名分」であるなど、元連合法規対策・労働政策・組織・組織調整局長であったこともあり示唆に富んだお話を聴くことができました。研修会はやはりいろいろ学ぶことができるので、参加できてよかったです。

 

5月27日(日) 連合北河内及び北河内労福協幹事合同宿泊研修会・交流会 於ユニトピアささやま に参加しました。


YTC25 山﨑会長と幹事の皆さんとの意見交換会は、日々悩んでおられることも含めて率直な意見交換ができていたと思いました。参加している議員の意見等も聴いていただけ、交流会も含めて、これからも協力を強めていくことに繋がる時間になったと思います。