統一地方選挙前半戦の府議選で山田健太氏が当選

3月29日告示、4月7日投開票の大阪府議会議員選挙で、国民民主党推薦、立憲民主党大阪府連支持、社民党推薦の山田健太(33)氏が25,015票を獲得して当選しました。この選挙は連合大阪河北地区協を中心に、連合の皆さんも力強く支援体制をとっていただき、後援会、労組一体の取組みとなりました。
 

今回の選挙は、維新代表の松井知事と吉村大阪市長(政調会長)が、都構想の住民投票の見通しがつかないからと、選挙に訴えたため、異常なほどに維新旋風が吹き荒れ、維新以外の候補者は厳しい戦いを強いられました。そのような中、山田健太候補は中村議員の後継者として、「絶対に民主グループの議席を守る」と連日奮闘しました。今後、立憲民主党公認で議席を得た野々上愛さんとともに、掲げた政策課題の実現に向かって全力を挙げられるよう期待が高まっています。




▲楠葉駅前で多くの議員が支持を訴える



 


▲演説会場で支持を訴える中村議員



 


▲演説会で決意を述べる山田候補



 


▲平野衆議院議員が決起集会で支持を訴え



 


▲万歳