主な活動

  • 連合北河内の仲間の絆として建設したワット・ロカー小学校。この10年間で校舎の天井の破損など建物の傷みが激しく、授業などにも支障が出かねない状態になった。小学校の校舎補修費のカンパを地域全体に呼び掛けて、多くの浄財を得た。   6月に補修を行ってもらい、その修繕状況とあらためてカンボジアの現状を学ぶために有志による訪問団を組織して、カンボジアの地を訪れた。別紙の資料に過去からの
  • 大四地区から平和行動in根室に中北製作所労働組合の市山さんと象印マホービン労働組合の秋山さんに参加を頂きました。小雨混じり集会になったようですが、北方領土は見ることができたようです。北方領土の現状や課題について研修を頂きました。   それぞれの所感の詳細は添付資料<pdf>を確認頂きたいと思いますが、今回の平和行動で、北方領土問題を再認識することができ、納沙布の地に立ち
  • 今年は「働き方改革」をテーマに10月28日小雨混じりの淀屋橋で行いました。「イクボス」の一人ファザーリングジャパン関西の篠田理事長にこれから労使双方に求められる心構えをお話しいただきました。後半はそれぞれの職場の働き方や労組の役割について意見交換をしてもらいました。 総選挙が終了した早々にも関わらず、86名の参加者で開催することができました。部下やスタッフの私生活とキャリアを
  • 今回、初めて「2017平和行動in長崎」に参加させていただき、長崎では、たくさんの尊い命が原爆によって奪われ、戦後72年が経過した現在でもたくさんの方々が苦しみ、悲しみを抱えて生きているという現状を改めて実感し、戦争、原爆、核兵器、平和などについて考える良い機会になりました。     《連合2017平和長崎集会》   「連合2017平和長崎集会」では被爆者

ページ