主な活動

  • 6月10日(日)~11日(月)に河北地区協議会の国内宿泊研修会に参加してきました。メインの見学先は黒部川第四発電所。一昨年は抽選に外れ、昨年は豪雨の影響で当日中止。三度目の正直でようやく見学することができました。 1日目は富山湾の大自然がつくりだした埋没林と蜃気楼について学べる魚津埋没林博物館を訪れました。館内には2000年前の巨木が出土した発掘現場に地下水を満たして保存された埋没林が水中展示さ
  • 毎年北河内エリアの若手役員を対象として、労働運動について「学びのきっかけづくり」として実施している研修会を実施した。来年は12年に一度の選挙イヤーを迎える。現場ではなぜ労働組合が選挙に取り組むのかしっかりとした動機付けが必要になっている。労働組合と政治の関りについて考える場づくりを行った。   10月16日に京橋のホテルで政策研修会を実施した。北河内を構成する各組織から若手役員を中
  • 昨年度末から実施している予算要請行動のまとめも終わり、8月末に恒例の市議団会議を開催予定していたが、今年頻発する台風によって、延期を余儀なくされた。9月初旬に再調整を図ることができ、議員団のみなさんも大変お忙しい中、集まって頂いた。     9月11日に北大阪商工会議所で開催した。連合大阪からは井尻副事務局長に参加を頂きました。会議では、昨年末までに各市に要請した回答結果
  • 平和の尊さや戦争の悲惨さ。時代の流れとともに、薄らいでいる。当時の状況を繰り返さないためにも、次代に語り継ぐ責任がある。終戦から70年余りを経過した。当時を経験した人は年々減っている。北河内ではこの行動に一人でも多く、参加してもらい、恒久平和の願いを地道ではあるが拡げていく。     今年は沖縄に守門地区、広島・長崎に寝大畷地区、根室に河北地区からそれぞれ参加を頂いた。

ページ