主な活動

  • 2015年7月18日(土)にまんだ(古い呼び方で北河内のことを指す)で働く女性を集めて、北河内労福協と共催で「働く女性の輝きセミナー」を開催した。 連合北河内の構成組織で働く女性や労働者福祉協議会の組織で働く女性など総勢30名での開催となった。 セミナー当日は前日の台風の影響で大きく交通公共機関が乱れている中にも関わらず、最終的には参加予定の全員が駆けつけていただいた。
  • 2015年4月25日(土)にネパールでマグニチュード(M)7.8の大地震が発生した。隣国のインド等を合わせれば亡くなられた方は8,200人を超え、負傷者は約18,000人と報じられている。 連合では緊急支援を、国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)を通じて、現地ネパールの各ナショナルセンターに届けることとした。 また、連合大阪においても各地区での街頭での支援の訴えを行
  • 2015年7月4-5日の1泊2日で島根県を訪れた。 戦後70年という節目の年である。多くの団体で恒久平和への願いを込めて、記念イベントが行われている。 連合北河内においては、連合全体で実施している4つの平和行動にも積極的に参画し、平和への想いを継承している。 今回はマスコミなどでも取り上げられることのある竹島について、なぜ竹島が問題として浮上してくるのかを考えるために
  • 政府は2015年6月労働者派遣改正法案を衆議院厚生労働委員会で強行採決を行った。併せて、衆議院本会議でも可決し、参議院に送られた。 連合の全国仲間と強行採決に前後して、法案の審議も十分に行わないままの強行採決に抗議を全国の世論を喚起し、労働者保護ルールの改悪を阻止する声を上げた。連合北河内としても、全国の仲間と呼応し、2015年6月17日 JR住道駅の駅頭で大四地区協議会とともに訴えを行

ページ