主な活動

  • 11月13日の午前中は連合大阪北河内地域協議会が街頭アピールの担当です。   まず朝の8時からJR住道駅のデッキ上を借りて連合大四地区協議会を中心に街頭行動を行った。 地元大東市の川口議員・水落議員・品川議員やお隣の四條畷市からは島議員も駆けつけてくれました。   大四地区の吉田議長の第一声を皮切りに、議員団を代表して、大東市の水落議員が街頭での訴えを行っ
  • 地域フォーラムでは枚方市の議員幹事として参画を頂いています。枚方行政区の推薦議員団の皆さんとの連携役を担って頂き、さらに連携を深めていきます。   地域総会や昨年実施した推薦連携議員団会議にも出席を頂きました。必勝決起集会では「枚方市をより住みやすく、安全なまちに」と活気と賑わいにあふれた住みやすいまち枚方の実現をめざして頑張っていきますと抱負を語って頂きました。
  •   連合大阪北河内地域協議会は「STOP THE 格差社会」キャンペーン第3弾の取り組みとして、2014年11月12日に北河内地域の仲間と共に労働者保護ルール改悪阻止の意思結集を図った。   9月25日にスタートした全国アピールタスキリレーは沖縄から九州-中国-四国をへて、近畿へとタスキに徐々に働く仲間の決意を積み重ねて、11月12日に連合大阪河内地域協議会から
  •   2014年8月8日~10日にかけ連合大阪より11名(北河内地域より2名)で参加しました。   『連合2014平和ナガサキ集会』、原爆落下中心地碑から平和公園をめぐる『ピースウォーク』に参加し『原爆資料館』で原爆の恐ろしさなどを学び、『長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典』に参列しました。   戦争や核兵器による惨劇の記憶を絶

ページ