次代に語り継ぐ、平和の尊さ!広島・長崎平和行動

活動リポートカテゴリ: 
行事報告
広島・長崎平和行動
広島・長崎平和行動
広島・長崎平和行動

平和の尊さや戦争の悲惨さ。時代の流れとともに、薄らいでいる。当時の状況を繰り返さないためにも、次代に語り継ぐ責任がある。終戦から70年余りを経過した。当時を経験した人は年々減っている。北河内ではこの行動に一人でも多く、参加してもらい、恒久平和の願いを地道ではあるが拡げていく。
 

 

今年は沖縄に守門地区、広島・長崎に寝大畷地区、根室に河北地区からそれぞれ参加を頂いた。沖縄については既報であるが根室はあいにくの台風で中止となった。今回の報告は8月に実施された広島・長崎である。それぞれが感想文を提出してもらった。平和の尊さや戦争の悲惨さを感じて頂けたと思います。実体験をされた語り部の方々も年々減っているが、それぞれの日に一体何があったのかわたしたちの孫・子に受け継いで、二度と過ちを起こさないようにしていきたいと考えています。
 

 

筆者も今年は広島に参加した。単組時代を含めて、4つの行動にすべて参加させて頂くことができた。それらの見聞をしっかりと伝えていきたいと考えている。行動に参加しなければ知らないことはたくさんある。日本各地にも被害の大小はあるが、それぞれの歴史があると思います。これら全ては網羅できないが、共通するのは平和の尊さこれを崩してはいけないということである。あたりまではなく、平和な世界で暮らせる幸せをしっかりと意識してつないでいきたいと考えています。



(参加者の感想)